国土交通大臣認定工法

ガイアパイル工法

従来の網管杭工法に比べて、最も厳しい審査をクリアした回転貫入網管杭・ガイアパイル工法は、貫入能力、建て込み精度杭芯ズレの極小性、また拡翼変形が無く施工精度の高い、基礎杭技術工法です。

アルクトップ工法

アルクトップ工法は、安定した品質と最適な寸法形状を確保する為に、先端部分を一体成形の鋳網品です。拡底型は、一定ピッチのスパイラル状の2枚翼とする事で、地盤の乱れを抑え、安定した支持力の発揮を追及すると同時に、施工時の回転トルクを抑え施工性の向上を図りました。

ニューバースパイル工法

多くの施工実績を基に、独自による先端拡底羽根を開発し、建柱車での施工も可能とした基礎杭技術工法です。バリエーションを豊富にし、建物・地盤選択に応じた、設計が可能となっております。