地盤調査とは

住宅地盤

宅地の地盤沈下によるトラブルは地域にもよりますが、非常に多く発生しています。そんな宅地に住宅を建ててしまうと不同沈下が発生し、建物が水平ではなくなります。住んでいる方は、様々な健康障害が発生すると言われています。こんなことを未然に防止するのが地盤調査です。近年は様々な調査方法があります。大きなビルや中規模建築物の地盤調査は標準貫入試験。木造やプレハブ住宅などの小規模ですとスウェーデンサウンディング試験、平板載荷試験、超音波試験などがあります。どんな地盤調査であれ実施することが望ましいのです。

地盤調査

地盤調査データからの地盤解析が行われます。近年は非常に地盤改良工事量は増加していると言われます。
単に地盤改良工事が増加したのではなく、良好といえる宅地が減少した結果、不同沈下を起こし易い軟弱地盤上に宅地が存在するため地盤改良工事が増加している感じがするのだと考えています。
しかし、本当にこの地盤で地盤改良工事は必要か?と言う疑問はいつも持っております。
建替えの宅地などではお施主様が「何十年も住んでたけど何でもなかったよ」と言われます。
それなのに地盤改良工事です、何十万も掛かります。予算に不安があります。こんなで良いのか?
私達は、そんな疑問や、不安に応えるべく新設計理論を構築し、地盤改良工事不要、仮に地盤改良工事が必要でも最安値の提案をします。