地盤調査 各種試験

スウェーデン式サウンディング(SS)試験

スウェーデン国有鉄道が不良路盤の実態調査で建設省が堤防の地盤調査として導入したのが始まりです。後にJIS企画に設定され、現在では戸建住宅向けの地盤調査のほとんどが本試験によって実施されるに至っています。

スウェーデン式サウンディング(SS)試験

ラムウンディング試験

動的コーン貫入試験に分類され、オートマチックラムサウンディング試験として知られています。ドライブハンマーの質量が63.5kgで、落下高さが500㎜であり、貫入量200㎜毎の打撃回数を測定するものです。

ラムウンディング試験

ボーリング試験(標準貫入試験)

ボーリングロッド先端に取り付けた標準貫入試験用サンプラーを地盤に30cm打ち込むのに要する打撃回数を測定する試験です。「ボーリングを行い、各種の試験調査をする」この一連の作業をボーリング調査、標準貫入試験と称します。

ボーリング試験(標準貫入試験)

平板載荷試験

地面に直径30mの鉄製の円盤を敷いて、この円盤に油圧ジャッキで力をかけていきます。円盤を押す力が大きくなると円盤が地面の中に沈んでいきます。この押す力と円盤の沈んだ深さの関係から地面がどれだけの重さを支えられることができるかどうか調べます。

平板載荷試験

スクリュードライバー・サウンディング(SDS)試験

従来の調査データに加え「ロッドの回転抵抗トルク」「沈下量」 「沈下速度」などのデータを取得して土質を判定します。 これらの各データを加工することにより沖積層、洪積層、腐植土層の土質を判定するための情報を得ることができ、不良土質による地盤事故や過剰な地盤改良工事を防ぐことができるようになります。

スクリュードライバー・サウンディング(SDS)試験